ローンを利用できるのは原則として20歳以上から

融資商品は成人が利用するものとみなされており、ほとんどのローンは未成年者には対応していません。キャッシングやカードローンなどの利用条件を見ると、20歳以上からと記載されているはずです。ローンには絶対に審査があり、返済能力があるかどうかが問われます。それゆえ簡単に審査に通過できることはないと考えてください。未成年者が包茎手術を受けたい状況では、ローンで施術料金を調達するのは原則として難しいです。

ただ18歳や19歳などでも、親権者の同意があればローンを組めるケースはあります。この場合は親権者に対して包茎手術をすることが100%バレることになります。ローンの審査条件は商品により異なるので、ここは医療機関に問い合わせて確認する必要があるでしょう。いずれにしても誰にでも融資するという甘い話には注意してください。お金は誰でも借りられるわけではなく、原則として本人に返済能力がある状態でなければ申し込みができないのです。

ローンやクレジットが利用できても悪質クリニックは避けること

未成年者が包茎手術を希望するなら、料金をどのように支払いするのか明確にしておく必要があります。一部の悪質なクリニックでは、無理にクレジット契約を迫ってくるところがあります。この方法だと分割で支払いができますが、相場の2~3倍の料金を請求されるなど問題が少なくありません。基本的には未成年はローンの利用ができず、支払いは現金になると考えてください。ローンやクレジットを利用できるところは皆無ではありませんが、健全なクリニックか確かめておく必要があるでしょう。

包茎手術の多くは保険適用外であり、クリニックの大きな収入源になっています。そのため無理に高額な包茎手術を勧めてくる悪質クリニックは一部にあります。こうしたクリニックは技術力に問題があるケースが多く、包茎手術の実績・知名度も低いケースがあるのです。包茎手術は一度失敗して再手術をするとなると、初回手術より難易度が高くなります。信頼できるクリニックを探すためにも、料金だけでなく技術力に着目してください。

まとめ

ローンは20歳以上で返済能力のある人が組めるものです。返済能力がない人は審査に通過できません。一部のローンは未成年者にも対応していますが、親の同意が必要だったり、包茎手術を提供するクリニック自体が悪質だったりするケースは少なくないです。包茎手術を受けるクリニック探しでは、料金だけでなく技術力も見ておきましょう。なお親権者を通せばローンを組めるという状況ですと、ローンで支払いするとなれば親権者に包茎手術をすることがバレます。